鑑定と査定との違い

Difference between assessment and appraisal

不動産鑑定評価書

国土交通省の定める不動産鑑定評価基準に基づいて
作成された、信頼性・公平性が最も高いものです。

基本的事項
の確認
物件の所在地、範囲、依頼目的、価格時点、価格の種類等を確定します。
一般的要因
の分析
GDP、地価動向、不動産業況、J-REIT等マクロな視点からの経済分析になります。
地域要因
の分析
対象不動産と競合する不動産の市場を地域の特徴、売買・賃貸・投資等各種データから詳しく分析します。
個別的要因
の分析
対象不動産の特性を分析。特に価格に影響を及ぼすリスクや増加要因等について詳しく調査します。
鑑定評価手法
の適用
鑑定評価基準に則った原価表、取引事例比較法、収益還元法を用い、各試算価格を求めます。
評価額
の決定
依頼目的、需要者の属性、市場分析結果を考慮して、資産価格を調整の上、評価額を決定します。

価格調査報告書

鑑定評価基準を準用し、不動産鑑定士が作成する、
より簡易な書式の評価書です。

基本的事項
の確認
物件の所在地、範囲、依頼目的、価格時点、価格の種類等を確定します。
一般的要因
の分析
GDP、地価動向、不動産業況、J-REIT等マクロな視点からの経済分析になります。
地域要因
の分析
対象不動産と競合する不動産の市場を地域の特徴、売買・賃貸・投資等各種データから詳しく分析します。
個別的要因
の分析
対象不動産の特性を分析。特に価格に影響を及ぼすリスクや増加要因等について詳しく調査します。
鑑定評価手法
の適用
鑑定評価基準に則った原価表、取引事例比較法、収益還元法を用い、各試算価格を求めます。
評価額
の決定
依頼目的、需要者の属性、市場分析結果を考慮して、資産価格を調整の上、評価額を決定します。

物件調査レポート

価格の査定は行わず、地域分析及び個別分析に
特化しています。

基本的事項
の確認
物件の所在地、範囲、依頼目的、価格時点、価格の種類等を確定します。
一般的要因
の分析
GDP、地価動向、不動産業況、J-REIT等マクロな視点からの経済分析になります。
地域要因
の分析
対象不動産と競合する不動産の市場を地域の特徴、売買・賃貸・投資等各種データから詳しく分析します。
個別的要因
の分析
対象不動産の特性を分析。特に価格に影響を及ぼすリスクや増加要因等について詳しく調査します。
鑑定評価手法
の適用
鑑定評価基準に則った原価表、取引事例比較法、収益還元法を用い、各試算価格を求めます。
評価額
の決定
依頼目的、需要者の属性、市場分析結果を考慮して、資産価格を調整の上、評価額を決定します。

エリア分析レポート

物件を特定せず、ご希望のエリア、不動産の種類に
基づいたマーケットを詳細に分析します。

基本的事項
の確認
物件の所在地、範囲、依頼目的、価格時点、価格の種類等を確定します。
一般的要因
の分析
GDP、地価動向、不動産業況、J-REIT等マクロな視点からの経済分析になります。
地域要因
の分析
対象不動産と競合する不動産の市場を地域の特徴、売買・賃貸・投資等各種データから詳しく分析します。
個別的要因
の分析
対象不動産の特性を分析。特に価格に影響を及ぼすリスクや増加要因等について詳しく調査します。
鑑定評価手法
の適用
鑑定評価基準に則った原価表、取引事例比較法、収益還元法を用い、各試算価格を求めます。
評価額
の決定
依頼目的、需要者の属性、市場分析結果を考慮して、資産価格を調整の上、評価額を決定します。

マンション経営管理シート

複数の所有不動産の資産状況とキャッシュフローを
同時に一目で把握できる便利な表です。

基本的事項
の確認
物件の所在地、範囲、依頼目的、価格時点、価格の種類等を確定します。
一般的要因
の分析
GDP、地価動向、不動産業況、J-REIT等マクロな視点からの経済分析になります。
地域要因
の分析
対象不動産と競合する不動産の市場を地域の特徴、売買・賃貸・投資等各種データから詳しく分析します。
個別的要因
の分析
対象不動産の特性を分析。特に価格に影響を及ぼすリスクや増加要因等について詳しく調査します。
鑑定評価手法
の適用
鑑定評価基準に則った原価表、取引事例比較法、収益還元法を用い、各試算価格を求めます。
評価額
の決定
依頼目的、需要者の属性、市場分析結果を考慮して、資産価格を調整の上、評価額を決定します。

キャッシュフロー収支試算

家賃収入の変化、大規模修繕費、ローン返済を考慮
したキャッシュフローの将来収支を試算します。

基本的事項
の確認
物件の所在地、範囲、依頼目的、価格時点、価格の種類等を確定します。
一般的要因
の分析
GDP、地価動向、不動産業況、J-REIT等マクロな視点からの経済分析になります。
地域要因
の分析
対象不動産と競合する不動産の市場を地域の特徴、売買・賃貸・投資等各種データから詳しく分析します。
個別的要因
の分析
対象不動産の特性を分析。特に価格に影響を及ぼすリスクや増加要因等について詳しく調査します。
鑑定評価手法
の適用
鑑定評価基準に則った原価表、取引事例比較法、収益還元法を用い、各試算価格を求めます。
評価額
の決定
依頼目的、需要者の属性、市場分析結果を考慮して、資産価格を調整の上、評価額を決定します。

 
tel mail txt 無料パンフレット資料請求