公開:2015/01/07

アパート・マンションの空室対策とは

Vacancy measures
空室対策施工事例

■ 賃貸マンションやアパートの空室対策

建物の老朽化によって競争力が衰えた賃貸マンションやアパートなどに、外観や内装、設備の変更といったリノベーションをを実施。現代のニーズにマッチした住みたいと思われるお部屋にリノベーションすることで建物そのものの価値を再び甦らせ、賃貸物件の収益力を高めます。

通常の原状回復工事やリフォームでは、お部屋は清潔に改修されますが、「平凡なお部屋」は「平凡なお部屋」のままで、空室対策の効果はあまり期待できません。現代の入居者に優先して選ばれるような賃貸物件にするためには、「オシャレ」や「かっこいい」といった住みたい思われるお部屋に生まれ変わらせるリノベーションが非常に有効な空室対策になります。

■ ターゲットを意識したお部屋へ

幅広いターゲット層を求めるあまり、リノベーションを躊躇している賃貸物件のオーナー様へ。
趣味趣向が、混在する現代の入居者に対するマーケティング上「入居者の絞り込み(ターゲット・セグミンテーション)」が、空室解消の手段として必須です。幅広く入居者を募るために、誰の心にも届かない「平凡なお部屋」になってしまうより、10人に1人の心に届く素敵なお部屋で勝負してみませんか。
特に、ワンルームや1Kなどの若い単身向けの賃貸物件は、ファミリータイプ(2LDK、3LDK)などと違い多くの場合2年の更新時に新しい物件に引っ越しをする傾向にあり、その2年間をどのように楽しく過ごせるかが重要な鍵になります。若い単身者はカフェでくつろいだり、洋服の買い物など街に出て過ごすことが多く、自ら居住する部屋もそれぞれにあったデザインの部屋を求める傾向にあります。
MEコーポレーションのリノベーションなら2000戸中、2ヵ月以内の空室解消率95%の実績があります。

詳しい空室解消実績は、リノベーション後の入居者決定までの日数をご覧下さい。

■空室対策とはいったい何を意味するのか

「空室対策」とは、言葉の通り空室に対する策をとる意味で、オーナー様(大家さん)が何か行動を起こさなければ何も変わりません。

現状のネット検索ではさまざまな対策案が提案されていますが、中には本当にそれで空室対策と呼べるのか疑問に感じる物も多く見られます。

例えば
  • ■そもそも、家賃(賃料)を下げて募集し、入居者を獲得する。

この提案は確かに、空室は埋まるかも知れません。地域の競合物件の半額の値段で募集すれば、入居者は決まるでしょう。

ただ、オーナー様にとって賃料を下げる事は収益物件の投資効率を考えた場合、最も避けたい手段の1つです。

何もせず、ただ家賃を下げる事は本当の空室対策とは言えないでしょう。

  • ■空室対策やるだけムダ(書籍)

3流の立地であれば、空室対策はやるだけムダと言う意味らしいですが、そもそも否定されてはどうしようも有りません。

「3流の立地での賃貸経営に望みなし。早く売るべし」と言われも、仮に相続などで受け継いだアパートやマンションの場合は簡単に手放す事も出来ません。さらに、大家さん自らマンションの一部に居住している場合等も非常に難しい提案です。

上記のような内容の結果が検索上位に表示されている今だからこそ、空室対策とは一体何を意味するのかをもう一度見直し、しっかりと対策することが大事です。

当社は低価格のリノベーションが最も空室対策に適していると考え、提案しています。

■大空室時代の到来?

賃貸経営をする大家さんの間で、大空室時代の到来と騒がられ始めました。未来の人口の減少に伴い、賃貸経営が非常に難しくなる意味です。確かに、これからマンションやアパートを新しく建築し運用する事は20年、30年後を考えた場合厳しい事は確かです。
参考記事 :
「30年間一括借り上げ契約」のあくどい手口
相続税対策に建設相次ぐアパート 思わぬ落とし穴が待っていた!
短期目線での相続対策に警鐘!出口を見失うアパート経営に向かっていませんか?

この状況を承知で、古い賃貸物件の建て替えや空き地を所有するオーナー様に新築を提案する企業は、まだ沢山存在します。この様な提案をする業者は、新しく建物を建設する事で利益を得ていて、その後の収益は関係ありません。悪い言い方をすると、目先の利益やシュミレーションで大家さんを騙しています。

当社は、そのような提案は一切行いません。オーナー様と一緒にどの様な方法が1番オーナー様の収益につながるかを考え、空室対策を実行します。

■空室対策のすごい技?

空室対策のすごい技とは一体何かを調査しました。

  • ■空室対策につながる掃除

まず最初に大家さんが出来る最初の空室対策が、物件の掃除です。所有物件が遠いオーナー様には当てはまりませんが、近隣に物件がある場合は空室対策の第一歩として効果的な手段です。

大家さん自ら、物件の掃除をする事で物件の状況に気づきやすくなり入居者を獲得するための修繕箇所などが分かるようになります。また、掃除などを自分で行う事で物件に対する愛着がわき、大事にすることで収益不動産の資産価値を高める方向に転じやすくなります。

通常オーナ様は、物件の掃除は業者(外注)することが多く不動産管理会社によっては掃除やゴミの管理はしますが、入居者を決めるのに役立つ修繕の提案などをする所は少ないのが現状です。

当社の賃貸管理はオーナー様と一緒に収益物件の価値を高め満室経営をめざし日々活動しています。
詳しい賃貸管理の詳細はこちら

  • ■今人気の設備投資は注意が必要

現在の入居希望者求める人気の設備に投資するのは良く調べてからが大事です。一刻もはやく空室を埋めたいと思い、人気の設備に交換するオーナー様が増えて来ていますが、中には無駄な出資しつながる物も多い事を考えなくてはなりません。

例えば、2011年の震災前までは「オール電化」が流行りのキーワードでした。しかし震災後は電力供給の不安から人気は一気に下がりました。 このような事例もふまえ、慎重に設備投資をしていく事が収益不動産の運用をうまくしていくポイントの1つです。

最近の入居希望者求める人気の設備は「安心、深夜帰宅でも便利」が目立っています。

その設備は防犯カメラの設置、宅配ボックスの設置、24時間ゴミだし可能の3つに注目が集まっています。

例えば「防犯カメラ」の場合、近年の犯罪の影響から防犯カメラを設置している事で、直接入居者に安心感を与える事が可能になります。また、エントランスエリアや共用部の照明を増やし明るくする事も入居者に安心を与え、空室対策としの設備投資として有効的な手段です。

空室対策のすごい技、金持ち大家さんがこっそり実践しているとの事ですが不動産業界ではごく当たり前の内容です。サラリーマン大家さんや賃貸物件を複数所有するオーナ様にはなかなか実践するのが難しい内容です。

■空室対策を網羅した結果

空室対策とはいったい何を意味するのかを日々調査し、募集賃料の見直しから入居希望者のニーズとの合致調査、その後の賃貸管理、入居募集業者などを研究・検証を繰り返し、網羅した結果の最も最適な方法でご提案いたします。MEコーポレーションの空室対策リノベーションは施工案件2000戸中2ヵ月以内の空室解消率95%の実績、管理戸数4127戸/平成29年3月末現在、入居率96.3%の実績があります。

 
空室対策をトピックにした記事

 
無料パンフレット資料請求 tel mail txt