公開:2016/12/27

リノベーションが空室対策に効果的な理由

Vacancy measures
空室対策 リノベーション

ネットでの「空室対策」の検索結果をまとめると、「賃料の値下げ」や「募集条件の緩和・見直し」や「不動産会社の見直し(管理、募集)」の内容のページが多く上位表示されています。検索のアルゴリズムは、検索ユーザーに対して検索の意図に合ったページを優先させ上位表示しますが現時点ではまだ精度が低いと感じます。

本来ならば、「賃料の値下げ」や「募集条件の緩和・見直し」や「不動産会社の見直し(管理、募集)」の内容は各1ページづつ表示され、その他の空室対策の案が表示されるべきです。

表示されるべき検索結果の中には、「リノベーション・リフォーム」や「設備(無料インターネット)」や「設備(家具)」などを提案しているページも表示されるべきだと思います。
この中で「リノベーション」は特に空室対策としての効果が高く、築古のアパートやマンションの修繕なども含め考えるとそのコストパフォーマンスも高いのが空室対策リノベーションの魅力の1つです。

リノベーションが空室対策に効果的な理由

■築古の賃貸アパートやマンションでは空室対策は必須の時代

2016年6月発表の不動産調査会社タスの調査で東京23区の空室率は約34%、神奈川県では35%と首都圏でも賃貸経営が非常に難しくなって来ています。全国で820万戸の空き家が存在する状態です。
その理由の1つが、1920年の国勢調査開始以来、始めて日本の総人口が1億2711万47人で5年前に比べて94万7305人減少しているにもかかわらず、不動産投資ブームの広がりや日本銀行のマイナス金利政策などから、多くの新築アパートやマンションも多数建設され、今後ますます空室が増え続ける傾向にあります。

新築のアパートやマンションでもなかなか入居者が決りにくい時代に築20年や30年の物件で満室経営を実現するためには、「差別化」が非常に重要な課題になります。

■空室対策リノベーションで差別化

空室対策リノベーション

インターネットによる賃貸探しが主流になった時代に競合物件との差別化を図るには一体何をすれのが最も効果的かを考えた場合、リノベーションというチョイスは「賃料の値下げ」や「募集条件の緩和・見直し」と比べると非常に効果が高く、アパートやマンションの経年劣化を防ぐためにもメリットがあります。

リノベーションすることで、通常の原状回復工事では気づきにくい修繕が必要な箇所を見つけ出し修復することで物件の寿命も長くなり、その収益を維持することが可能になります。

また、リノベーション物件はネットで賃貸探しをする際、目につきやすく内見希望者も増える傾向にあり、空室期間の短縮にも繋がります。

 
空室対策をトピックにした記事

 
無料パンフレット資料請求 tel mail txt