リノベーション RENOVATION CASE COLLECTION

築古のアパートやマンションの空室対策でお困りのオーナー様へ、

賃貸住宅の効果的な空室対策をリノベーションでご提案致します。


RENOVATION35 リノベーション35
施工実績2802戸(2019年2月末時点)
空室対策リノベーションの定額35万円パック

東京・神奈川・千葉・埼玉の1都3県において、収益不動産のリノベーション実績が2000戸以上ございます。

不動産オーナー様向けの賃料アップや空室対策サービスとして展開するリノベーションの定額パックです。



【施工事例 随時更新中】  全621件掲載


千葉県松戸市1Kの空室対策リノベーション施工事例
千葉県松戸市
Vol.620

レンガタイル調×木目調

東京都八王子市1Rの空室対策リノベーション施工事例
東京都八王子市
Vol.619

スプリンググリーンの爽やか空間

神奈川県横浜市1Kの空室対策リノベーション施工事例
神奈川県横浜市
Vol.618

石目調×ダーク調木目


東京都世田谷区1Kの空室対策リノベーション施工事例
東京都世田谷区
Vol.615

淡い色遣いでシンプルモダン空間


神奈川県厚木市2LDKのリノベ施工事例
神奈川県厚木市
Vol.613

日光が広がる爽やか空間

東京都板橋区1K+ロフト → 1R+ロフトのリノベ施工事例
東京都板橋区
Vol.612

石目調×木目調




全621件の施工事例一覧を見る
※オーナー様にご了承を頂いた物件のみを掲載しております。

リノベ35の強みと特長

不動産投資の悩みを解決 Fill vacant room

中古一棟マンション
築古アパートの
空室対策をお任せください

不動産投資において、最大のリスクの一つとされるのが「空室」です。築年数が経ったものや、駅から遠い物件などは、内覧をされることもなく空室が続いてしまうこともあります。スマートフォンやモバイル端末から直接ユーザーが物件を探す時代だからこそ、「選ばれる」物件であることの重要性が高まって来ています。半年以上も空室が続いていた物件が、効果的な空室対策としてのリノベーションを施すことで、ほんの数日から数週間程度で複数の申込が入ることも決して少なくありません。しかし、そのために多額のコストがかかってしまってはそれも意味がありません。私達は、中古マンションや築古の木造アパートのそうした悩みを解決する「空室対策のリノベーション・リフォーム企業」です。

※リノベ後は空室保証付きで安心です。

空室対策の施工実績 ACTUAL results

空室対策実績2000戸以上
東京・神奈川・千葉・埼玉で
圧倒的なリノベーション施工実績

東京・神奈川・千葉・埼玉の首都圏エリアで2802戸(2019年2月末時点)の空室対策施工実績。収益不動産を持つオーナー様を対象とし、空室対策のリノベーションに特化した事業を展開しています。そのため対象物件の投資効率を考えたリノベーションを実現することが可能です。

また、内装デザインから施工までを全て社内一括管理することでクオリティを維持しながらもコストを抑えたご提案が出来る体制が整いました。外壁の塗装や設備工事等についても別途ご要望がありましたら是非ご相談ください。オーナー様の力強い味方であるべく、コストパフォーマンスを最大化する仕様をご提案させて頂きます。首都圏エリアのデザインリフォームはMEコーポレーションにお任せください。

※1m²=1.75万円で施工可能です。

定額制のリノベーション Flat-rate service

内装デザインから施工まで
ワンルーム定額35万円で
追加料金はありません

空室に悩みながらも、リノベーション(デザインリフォーム)をするには「多額の費用がかかる」とはじめから諦めてしまっていませんか?

リノベーションと聞くと数百万円単位の費用を思い浮かべる不動産オーナーの方は非常の多いようです。

しかし、当社で行う空室対策としての格安リノベーションはクオリティは維持しつつ、費用は35万円(※)という定額制でサービスを展開しています。

前もって現地調査を行いプランが適用出来るか確認した後は、工事が始まってから費用が増えてしまうご心配は一切ありません。定額制のため安心してお任せください。もちろん御見積は無料です。

東京、神奈川、千葉、埼玉の21m²以下の収益不動産物件が対象となります。


■■   PICK UP施工事例   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

賃貸アパートの空室対策のページを追加しました。

賃貸アパートの経営で重要な空室対策、築古のアパートで満室経営を目指す大家さんが退去発生時に考えるべき「いかに空室率を下げるか」や「どれだけ空室期間を短縮出来るか」などの空室対策のポイントを解説します。築古のアパートで空室率30%超の時代を生き抜く空室対策。賃貸アパートの空室対策はコチラ。


空室対策の失敗から学ぶメリット・デメリットページを追加しました

失敗例から学ぶ効果的な空室対策を紹介。お金をかけない空室対策の失敗例から無駄な設備投資による空室対策のデメリット・失敗例まで実例で説明致します。成功すると言われている有名な方法でもリスクがある事を理解し、大家さんと入居者両方もメリットになる空室対策を効果的に実施することが賃貸経営の成功につながります。詳しくは、空室対策の失敗から学ぶメリット・デメリットページをご覧ください。


千葉県千葉市の築古木造アパートのロフト付き1K【Vol.042】
  

2019/03/22 (金) 16:11

千葉県千葉市の築古木造アパートのロフト付き1Kを、MEコーポレーションの定額35万円の空室対策リノベーションプラン「リノベ35」を利用し、壁全面、床にそれぞれ違う色、模様の木目調の素材を使用し、木のぬくもりを肌で感じられる暖かい雰囲気の賃貸物件に施工。 施工事例【Vol.042】


東京都荒川区のマンションの1K【Vol.041】
  

2019/03/20 (水) 09:34

東京都荒川区のマンションの1Kを、MEコーポレーションの空室対策リノベーションで床に無垢フローリングのなら材を使用し、市松模様のパーケット貼りすることにより木の表情がより際立ち上質でモダンな空間を演出。 施工事例【Vol.041】


埼玉県川越市のワンルームマンションの1K【Vol.040】
  

2019/03/19 (火) 09:35

埼玉県川越市のワンルームマンションの1Kを、MEコーポレーションの定額35万円の空室対策リノベーションプラン「リノベ35」を利用し、シンプルにネイビー×白のモノトーンで仕上げ心地の良い印象のお部屋を演出した施工事例。 施工事例【Vol.040】


東京都八王子市のマンションの1DK【Vol.039】
  

2019/03/18 (月) 09:36

東京都八王子市のマンションの1DKを、MEコーポレーションの定額35万円の空室対策リノベーション「リノベ35」で特徴がなく寂しい印象から壁2面にエンジ色のクロスを使用し、明るくて色鮮やかなお部屋を演出した施工事例。 施工事例【Vol.039】


千葉県千葉市の木造アパートのロフト付1K【Vol.038】
  

2019/03/15 (金) 14:38

千葉県千葉市の木造アパートのロフト付1Kを、MEコーポレーションの定額35万円の空室対策リノベーションで既存のサンメントを活かし部屋の下部は黒、ロフトは白を合わせ部屋上部にライトカラーを使用し天井が高く感じる開放的な空間に施工。 施工事例【Vol.038】


埼玉県所沢市のマンションの1K【Vol.037】
  

2019/03/14 (木) 09:18

埼玉県所沢市のマンションの1Kを、MEコーポレーションの賃貸向け定額35万円の空室対策リノベーションで広い壁一面に濃いグリーン、床に濃い木目調のフロアタイルでオシャレな空間を演出した施工事例。 施工事例【Vol.037】


千葉県松戸市の築古木造アパートのロフト付1K【Vol.036】
  

2019/03/13 (水) 09:17

千葉県松戸市の築古木造アパートのロフト付1Kを、MEコーポレーションの定額35万円の空室対策リノベーションで壁全面にダークブルーのクロス、床には木目のラインが細く強めのフロアタイルで幻想的な印象の賃貸物件に施工。 施工事例【Vol.036】


埼玉県川越市のマンションの1K【Vol.035】
  

2019/03/12 (火) 11:35

埼玉県川越市のマンションの1Kを、MEコーポレーションの定額35万円の空室対策リノベーションプラン「リノベ35」を利用し、部屋全体が黄ばんだ白で寂しい暗い印象から木目調のステップ柄クロスで都会的な空間を演出。 施工事例【Vol.035】


「空室対策」の詳細ページを追加しました。

空室対策とはいったい何を意味するのか。賃料の見直しや入居希望者のニーズとの合致、賃貸管理業務や、客付け業者との付き合い方など「空室対策」に対するオーナー様(大家さん)の疑問にお答えします。詳しい空室対策情報はコチラ。


リノベーションが空室対策に効果的な理由ページを追加しました

築古の賃貸アパートやマンションでは空室対策は必須の時代、空室対策リノベーションで差別化。詳しくは、リノベーションが空室対策に効果的な理由ページをご覧ください。


賃貸経営における空室対策の重要性ページを追加しました

賃貸経営(不動産投資)に欠かせない空室対策の重要性を紹介します。不動産投資や賃貸経営を考える場合に重要ですが見落とす可能性が高いのが「空室対策」です。物件の利回りは最も重要なポイントですが、空室が多い物件になると思うような利回りが達成出来ないケースも沢山有ります。詳しくは、賃貸経営における空室対策の重要性ページをご覧ください。


閑散期の空室対策(リノベーション、リフォーム)ページを追加しました

不動産業界で「閑散期」の7月は空室対策(リノベーション、リフォーム)を考え、実行する絶好の時期です。繁忙期に空室を埋めることが出来なかったオーナー様、原状回復では無くリノベーションで物件の差別化で空室対策ページを作成しました。詳しくは、7月からの空室対策(リノベーション)ページをご覧ください。


空室対策のまとめページを追加しました

空室対策を検索した場合の結果は、大きく分けて管理・募集・コンサル・付加価値の4つの項目に当てはまる「空室対策」のまとめページを作成しました。詳しくは、空室対策のまとめページをご覧ください。


賃貸住宅指標から考える空室対策ページを追加しました

賃貸住宅指標を参考に「空室対策」を考える事も満室経営を目指すオーナー様にとって非常に重要な要素の1つです。所有物件エリアの募集期間(空室期間)、更新確率、中途解約確率を見ながら総合的にどのような対策が1番効果があるかを判断しながら今後の空室対策の参考になればと思います。詳しくは、賃貸住宅指標から考える空室対策ページをご覧ください。